ガラス 防犯グッズの種類


防犯グッズの種類 > ガラス

防犯ガラス

防犯ガラスの需要は年々増加傾向にあるようですが、それは当然の結果として私は捉えています。
というのも賊が家屋に侵入するのは窓ガラスを破ってというパターンが一番簡単だと認識しているからなのです。
防犯ガラスフィルムを貼ることだけでもかなり違うと思いますし、価格的に普通のガラスより高かったとしても空き巣被害などのことを考えると決して高い投資ではないと思います。窓ガラスに防犯フィルムを貼るよりも防犯用の合せガラス〜二重サッシのような感じ、複層ガラス〜を使用するほうが安全性は高くなると思いますがやはりこのような製品だと防犯ガラス自体の値段が高いので導入に踏み切れないご家庭も多いことでしょう。
ただいろいろなメーカーから色々な防犯ガラスが発表されています。例えばトステム、旭硝子、セントラル硝子、ykk、日本板硝子などで
製品としてもラミレックス、ハイレンド、セキュオ、とおせんぼ、low-e ガラスなどの種類があります。3層構造の防犯ガラスもありますのでどんなものをチョイスされるかはセキュリティにどれくらいのものを求めるか、どれくらいの予算が組めるのかによって決定すれば良いと思います。
防犯ガラスは強度だけでなくその形式上、防音効果もありますし熱遮断という側面も期待できます。
防犯ガラスかフィルム(シート)を使用し、セキュリティ会社と契約しそのアラームをつけ防犯ステッカーをはり、さらに防犯ジャリなども撒くという完全防犯を整えても鍵のかけ忘れなどがあっては何もなりません。こういった防犯グッズをつかいこなすのはあくまでも人間だということは常に念頭においておきましょう。

タグ:防犯ガラス
Google
 

【検索の参考例】
・防犯ベル サンリオ ○○
・防犯ガラス セコム
・防犯ガラス フィルム ホームセンター
・防犯グッズ ジャリ 草
・アラーム 電池 寿命
・セキュリティ 会社 見積もり

-SEO対策済みテンプレート-
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。