センサー 防犯グッズの種類


防犯グッズの種類 > センサー

センサー

防犯センサーにもいろいろな種類が販売されています。
しくみとしてはセンサーでものの動きや状況の変化を感知し、それをライトなりアラームなりにフィードバックさせるというものですから応用はかなり利くものです。
防犯センサーの応用機器としては他にもカメラ、ガラス(窓)、サッシなどもありますし、最近では振動を感知することで異常を知らせるフェンスなどもあるようですから技術の進化はすばらしいですね。
赤外線での熱センサーや傾き(傾斜)センサー、光センサーなどは防犯というジャンルだけでなくほかの様々な分野にも利用されていますね。松下電工(パナソニック)はマグネットセンサーなどが秀逸ですしパッシブの製品なども数が増えてきているようです。
こうなってくるとありとあらゆるものがセンサーとして機能する可能性が出てきて、現存の防犯センサーはさらにレベルアップしていくと考えられますよね。防犯グッズが高性能になっていくというのは車の盗難の抑止力にも繋がりますし、家やマンションでも2重3重のセキュリティが施せるということにも繋がります。それは賊にとっても防犯の網をかいくぐるのが難しくなってくるものですので非常に良いことだと思います。
カメラ、ライト、窓、鍵、フェンス、車庫、門柱など全てにそれぞれ赤外線、光、振動、マグネットなどの異なった防犯センサーを設置することとそれをアピールすることでより強固な警備が出来ればいいですね。

Google
 

【検索の参考例】
・防犯ベル サンリオ ○○
・防犯ガラス セコム
・防犯ガラス フィルム ホームセンター
・防犯グッズ ジャリ 草
・アラーム 電池 寿命
・セキュリティ 会社 見積もり

-SEO対策済みテンプレート-
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。