防犯整備士 防犯グッズの種類


防犯グッズの種類 > 防犯整備士

防犯設備士

防犯設備士というのは社団法人防犯設備協会が実施する試験に合格した人が認定される資格です。
正式には総合防犯設備士と言うのですが、試験を受けるための資格としては
・防犯設備士として登録後3年以上経過し、実務経験のある人
ということになっています。
防犯設備士の試験はまず準備として受験のためのテキスト「総合防犯設備士のためのガイド」を申し込み購入します。(5700円送料込み)
そして総合防犯受験セミナーを受講(受けなくても可、10,500円)
それからいよいよ総合防犯設備士資格認定試験の受験となります。
試験内容は一次試験は記述方式で、二次試験は面接口答方式となっており、A基礎(必須)、B専門(必須)、C専門(選択)の
3部門に分かれています。
3名の面接官が合否判定をおこなうのですが(2次)、下記のような内容から判断します。
・総合防犯設備士としての知識(一次試験の再確認、保有する資格等)
・技術力(実務経験、新技術習得の方法等)
・倫理性(関係法令の遵守、守秘義務等)
防犯設備士の試験会場は東京、大阪の会場のみとなっています。

お問い合わせ先
〒105-0013 東京都港区浜松町1-12-4(第2長谷川ビル4F)
(社)日本防犯設備協会 (担当者確認のこと)
(TEL:03-3431-7301 FAX:03-3431-7304)

タグ:防犯設備士
Google
 

【検索の参考例】
・防犯ベル サンリオ ○○
・防犯ガラス セコム
・防犯ガラス フィルム ホームセンター
・防犯グッズ ジャリ 草
・アラーム 電池 寿命
・セキュリティ 会社 見積もり

-SEO対策済みテンプレート-
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。